成年後見
法定後見制度 認知症などで判断能力が不十分な方を保護、支援し、その財産を守る制度です
任意後見制度 現在は判断能力が十分あるが、将来認知症になったときが不安である。財産を管理してくれる人を予め決めておきたい時に使える制度です

 

 

成年後見制度について

 日本は今、世界でも平均寿命が長い国として知られています。日本の社会の在り方も変化し、ご高齢の方をとりまく環境も変わってきました。例えば、ご本人が老人ホームへの入所が必要になった場合、「ご本人」と「老人ホーム」との間で「入所の契約」を結ばなければなりませんが、ご本人は入所契約の内容を理解することができません。

 こういった場合に、「成年後見制度」を利用することによって、家庭裁判所から選任された成年後見人が、ご本人にとってこの老人ホームが最適な施設かなどを判断し入所の契約を結ぶことができます。

 また、本人の金銭管理能力が乏しく、金融機関からの入出金に支障が生じている場合があります。本人に代わって入出金業務を行うことで、本人の財産管理、身上監護を支援していくことができます。

 このように、「成年後見制度」はこのような認知症の方をはじめ、知的障害の方、精神障害の方など精神上の障害により判断能力が十分でない方が不利益を被らないようにするために、「家庭裁判所に申立」をして、「ご本人を支援する人を選んでもらう制度」です。 

   

船橋司法書士事務所では、

①「ご親族の中で、ご本人を支援するための 適切な人がいる場合(配偶者、子、孫、兄弟)」には、「その方が成年後見人として選任されるための 家庭裁判所へ成年後見人選任の申立をする際の書類作成

②「ご親族の中で、ご本人を支援するための適切な人がいない場合」には、「司法書士が成年後見人としてご本人を支援していくための成年後見業務

 を行っております。

本人を支援する適切な候補者がいる場合

(本人の介護をされていた子や孫など)

その方が成年後見人になるための

家庭裁判所への申立書類の作

 本人を支援する適切な候補者がいない場合(専門職による成年後見人を希望する場合)

 司法書士船橋慎二が

家庭裁判所への申立書の作成

今後のご本人に対する後見業務」 

 
「成年後見制度」は精神上の障害により判断能力が十分でない方の支援していくことを目標としつつも、「ご本人の自己決定権を尊重し、残存能力を活用すること」を理念といています。