相続
相続放棄 亡くなった方にマイナス財産が多く相続したくない場合、相続しない申出を家庭裁判所にします
相続登記 亡くなった方名義の不動産を相続人名義に書き換えます
相続の相談 相続に関する相談を受け、アドバイスいたします。

相続放棄

お身内の方が不幸にも亡くなられた場合、財産関係について出来るだけ早く専門家にご相談することをお勧めします。相続開始から3か月をすぎると手続きできなくなってしまうことがあるからです(例えば「相続放棄」などです)。船橋司法書士事務所ではすみやかに以下の「相続放棄」手続きに必要な書類を作成いたします。

相続が開始(死亡された時)すると、亡くなられた方(被相続人)のすべての財産(マイナス財産も含めて)が相続人の方に相続されます。 なにも手続きをしなければ、相続人がマイナス財産も含めたすべての財産を相続することになります。

マイナス財産が明らかに多いと思われる場合、「相続放棄」の手続きをすることによって、相続をしなくて済むようになります。ただし、「相続放棄」は相続開始(相続を知って)から3か月以内に家庭裁判所に申し出なければなりません。

上記の手続きが必要ない場合でも、亡くなられた方名義の不動産が存在する場合には、できるだけ早く相続登記をすることをお勧めします。(↓相続登記)


相続登記

相続登記をしていなくても当面問題は生じませんが、将来、不動産を売却する際に、必ず相続登記が必要になります。その際、相続人に死亡している人がおり、さらに次の相続が始まっていたりすると、相続人が極めて多数になって、費用も手間もかかるようになってしまいます。


 

船橋司法書士事務所に相続登記をご依頼くださればこんなメリットが・・・

相続放棄に必要なご面倒な戸籍謄本等の取得から家庭裁判所に提出する書類の作成まで

      すべて船橋司法書士にまかせることができます。


相続登記に必要なご面倒な戸籍謄本等の取得を 

      すべて船橋司法書士に任せることができます。


相続人の方全員の意思がきちんと反映された遺産分割協議書の作成を

      すべて船橋司法書士に任せることができます。


お手続きの流れ

 

簡単なお手続きの流れです。色部分がお客様にご協力いただく手続きになっております。

以下は、お手続きの一例です。お話の内容から遺産分割協議書を作成して、相続登記申請をする場合の例です。

 

ご相談・ご依頼

まずは、分かる範囲でお話をお聞かせください。本籍が分からない、相続人の一部の所在が分からないという事情があっても、船橋司法書士事務所で調査して必要書類を集めることができますので、ご安心ください。また、マイナス財産が多い場合には、相続放棄の手続きもご検討させていただきます。

戸籍等必要書類の収集・相続人特定

相続登記に必要な戸籍等の書類を収集いたします。相続人の一部の所在が分からない場合でも、この作業でおおよその相続関係が明らかになります。相続人が多数いる場合、転籍(本籍の移動)が多い場合など、この作業で1~2か月要する場合もあります。

遺産分割協議書作成

相続人する方の希望に基づいて遺産分割協議書を作成いたします。

遺産分割協議書押印

遺産分割協議書の内容を確認していただき、押印(実印)していただきます。印鑑証明書もあわせて提出していただきます。 すべての相続人の方の印鑑証明書が必要となります。

登記申請

遺産分割協議書が調い次第、船橋司法書士事務所にて登記申請を行います。

登記完了

登記申請から、数日から10日程度(1か月ぐらいかかることもあります)で登記が完了いたします。

登記完了

相続相談

☆父が亡くなり、相続手続きをしたいのだが、手続きの方法が分からない。

☆法遺言をしたいのだが、どうしたらよいのだろう。

☆財産がかなりあるのだが、相続税の対象になるのだろうか。

 

 このような相続に関する相談を受けた場合、船橋司法書士事務所では的確にアドバイスいたします。